日進ムーンウォーカー

Alien to people, Behind people, Closed to people, Distant from people, Eliminate me Fujita

APMキャラクターエッセイ⑤「すなおとこ」

Traumatizing

f:id:Betterthannot:20200429161743p:plain

「ウヒィ^^~~~~」

https://tgws.plus/anpandb/sunaotoko

↑MOAPMDB(毎度おなじみアンパンマンデータベース)

https://www.anpanman.jp/about/friends/rf9ftg5s6xr3cvqr.html

↑平和な公式紹介

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%84%E3%81%91!%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3_%E8%99%B9%E3%81%AE%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89

↑映画のwikiページ

 

それいけ!アンパンマン 虹のピラミッド」は、1997年放映の劇場版9作目である。

アンドロ・スフィンクスおよびスフィンクス・テーレイアの特殊召喚に必要な永続罠ではない(それは「光のピラミッド」である。これでも、遊戯王ネタの射程の短さはアホほど弁えているつもりでいる)。

すなおとこは、劇中でかなりの強敵として現れる。こんな種族:へドリアンみたいな名前してるのに(デュエマ)、マジで強い。王下七武海もヒヤヒヤの強さである。

 

ネタバレしないと何も書くことがないので躊躇無くネタバレする所存でいる。でもこの映画は、特にAPM離れして久しい方々に向けて、ガッツリ「APMへの先入観」を持って見て欲しい映画である。「あっ・・・えー・・・」ってなる。

 

 

 

https://eiga.com/movie/37585/

↑めちゃめちゃ端的にネタバレしてある。一橋大入試国語か。

上記URLのネタバレセンテンスを引用して小言を挟みつつ話を追って参ろう。

先に言うとかなり長い。ので、目次なる新機能を導入してみる。適当に流し見するぐらいで構わない。

 

 シーン1:遠足へ出発

アンパンマンたちが学校の遠足で出かけた山に、あめふりおにと孫のアメちゃんが落ちてきた。

鉄くずマン(SLマン)が畜生パーティーと丼*3を積み込んで駅を発つシーンからこの映画は始まる。名古屋市民で言うところの「たのしかった、中津川野外学習」(ここ卒業式トーンで)ですかね?

落ちてきた彼らだが、彼らはじょうろUFOで赴く先々に雨を降らせるのを生業としている。

シーン2:急に国家衰亡

彼らは、虹の星で砂の竜巻に襲われたのだという。アンパンマンたちを案内して、再び虹の星を訪れたアメちゃんは、そこがすっかり砂漠に変わってしまったことに驚いた。

ちょっと情報量が多い。虹の星では、虹の石を利用して、虹が作られる。そこでは、どうみても着色タージ・マハルな宮殿に、レインボー王子と大勢の見分けの付かない臣下たちが住んでいる。タージ・マハルは墓廟でしたよね?

それで、急に虹に対して敵意を剥き出しにしたバイキンマンが、虹の星の侵略を企てる。DQNちゃんが、しょくぱんまんへのアピールのために虹の石を所望したので、利害の一致した両者はすなおとこと共謀し、いつのまにか星を滅亡させた。

見るも無惨である。匠の手でリフォームされる前は森林と湖がワーッと広がっていて、岡崎市公式観光サイト「水とみどりの森の駅」もビックリの風光明媚な地だった。

シーン3:ロールパンナvs三銃士+α

ところがそれは、虹の玉を盗んだばいきんまんと砂男たちの仕業だったのである。

虹の玉でした。間違えました。

ばいきんまんは結構周到で、APMでも屈指の謎キャラであるロールパンナちゃん(闇堕ち)を招集していた。荒廃したタージ内でアンパンマンカレーパンマンしょくぱんまんと交戦し、軟弱な市民アメちゃんをかばう三戦士を敗走させる。このときアンパンマンのマントにダメージを与えて飛行能力を奪ったのが、後々めちゃめちゃ響いてくる(結構戦犯である)。知将ばいきんまん

シーン4:すなおとこ強い

アンパンマンとアメちゃんは砂に飲み込まれ、しょくぱんまんたちも小さなピラミッドにされてしまう。

そして逃げ腰3戦士+荷物の前に、とうとうすなおとことBKMが出現。すなおとこが罠カード「砂塵の大竜巻」を発動し(ラッパ吹くと砂嵐が起こる。つよい)、彼らは為す術無く吹き飛ばされる。

一方のばいきんまんは、対ロールパンナちゃん戦で速攻KOされロクに戦っていなかったCPMとSPMに追いつかれる。すなおとこに反撃を試みる(ラッパにカレーを吹きかけるとかいうゲスな方法で)両者だったが、そこへトライアングルを手に持つパーカッションパートのすなおとこ2が出現。コイツが非常に凶悪で、トライアングルから発される音波の輪(バブルリングみたいなヤツ)に接触すると、肉体が四角錐に変形し、完全無力化される。2名はこの特殊攻撃の第一被害者となる。

持参のビニールプールを地中に引きずり込まれ、敬愛するSPMに危害を加えられたドキンちゃんがキレる。ばいきんまんの計画との方向性の違いもあり(駆け出しのバンドか)、すなおとことの同盟が決裂。ここで、ばいきんまんは完全に打つ手を誤った。彼らも即刻無力化される。

DQNちゃんだが、無力化された際「しょくぱんまん様と同じ」などと喜ぶ奇態を見せる。正直作中一番怖かった。ホラーマンより断然ホラーだ。

シーン5:反撃の狼煙

しかし、アンパンマンとアメちゃんは、地中でピラミッドにされてしまったレインボー王子と虹の子たちを発見。砂男が水に弱いことを知り、水を探すことにする。

生き残っていたホラーマンのもとに、APM号(スピードフォルム)が着陸し、作戦会議が始まる。ばいきんまんが共闘を申し出る。知将・・・!CPMが反対すると、BKMは「全てすなおとこが悪い」と責任を丸投げするが、なぜか急にホラーマンが「全部あんたが悪い」とド正論を叩きつけ痛言、ねじ伏せる。ワールドの賢者・ジャムおじさんが共闘を受諾する。BKMは、すなおとこが過去わずかに漏らした「水が苦手」発言を記憶しており、地面を掘削し地中を進行できるBKMマシン・モグリンで地下水脈を掘り当ててすなおとこを討ち滅ぼそうと提案。知将・・・!

カビるんるん満載で地獄となっているモグリンを、なぜかカビるんるんに耐性があるチーズが(チーズだからか?)操縦し地中に潜る。すると、はるか昔に吹き飛ばされ地下空間をさまよい歩いていたアンパンマンとアメちゃんに遭遇。アメちゃんはモグリンの操縦を交代し、地下水脈を尋ねてさらに地中深くへ。

一方地上ではすなおとこが再来。アンパンマンとアメちゃん以外の全メンバーが無力化される。

アンパンマンがここまで良いとこ無しのレインボー王子の発射した光線に乗って地上に舞い戻る。

シーン6:すなおとこ強い

星を救うため、アンパンマンたちは砂男に戦いを挑むが、彼らにはアンパンチが通用しなかった。

長かった。やっとだ!すなおとこをブチ殺せアンパンマン

しかし長かったのでお忘れかと思うがアンパンマンは現在マントを損傷していて飛べない。

振り下ろされる正義の鉄槌、アンパンチ・・・しかし!

すなおとこはロギア系の能力者なので、覇気をまとわないアンパンマンの攻撃が効かない!

f:id:Betterthannot:20200429184409p:plain

絶望

かたや、ネタバレセンテンスは次のように続く。

仲間の助けで水を掘り当てたアンパンマンたちは、砂男をやっつけることに成功した。みんなの呪いも解けて、虹の星は元の美しい星に戻る。

違う・・・ここに至るまでが、問題なのだ。地獄が・・・始まる。

 

シーン7:死

我らがヒーロー・アンパンマンは、新しい顔が焼けるまで、すなおとこから無様に逃げ回る。「うわ~~!」「わ~~!」と情けない悲鳴を上げて、足場の悪い砂漠をほうほうの体で駆けずり回るラスト・ホープの姿には、全APMキッズたち、いや全日本国民が泣き叫び、あるいは絶句したのではないだろうか。そして、手負いのあんぱんまんを余裕綽々の笑みを浮かべて追い回す鬼畜。

一方、これまで全く貢献のなかったメロンパンナちゃんがようやく仕事をする。早々に大迷惑をかけて颯爽と去って行ったロールパンナちゃんを念力で(?)呼び寄せることに成功。正直大手柄である。

ただここで突然、被害者第一号の2人が、石化する!

すなおとこのパーカッションパートの方の真の恐ろしさが視聴者に判明する。無力化されて一定時間が経過すると、石化するのだ。クロコダイルだっただけでなく、ボア・ハンコックでもあったのだ!慄然と立ち尽くす四角錐一同。

別人格が通過して少々ゴネるも、結局メロンパンナ愛しさにアンパンマンの新しい顔を焼くことを決心したロールパンナ。「うまくいかないんだ」

f:id:Betterthannot:20200429190530p:plain

「うまくいかないんだ」

すまん草 左から2列目手前のAPMすき

武器に使っている新体操リボンで顔を成形したところwork outするが、そうこうしているうちに一同全滅する。

とどめをさされかけていたアンパンマンのもとに、間一髪で顔を携えたロールパンナが間に合い、アンパンマンがいよいよ復活!するが・・・第一、七武海すなおとこに打撃全般が効かない。

さらに、弱り目に祟り目で、すなおとこが増殖する!1枚目である。これには紳士で鳴らした私も絶叫した。そして正真正銘ラスト・ホープの2人もねじ伏せられてしまう。

 

 

そして、逆・佳境に入る。APM史に刻まれる刻まれるトラウマシーン・・・

f:id:Betterthannot:20200429161752p:plain

飯吐きました

 

シーン8:死

飯を全部戻したところで、ネタバレセンテンスを振り返ってみよう。

 仲間の助けで水を掘り当てたアンパンマンたちは、砂男をやっつけることに成功した。みんなの呪いも解けて、虹の星は元の美しい星に戻る。

 

そういえば、まだおった。アメちゃんが、ついにモグリンで地下水脈を掘り当てる。

じぇじぇじぇ!(Time goes by

岩盤を突き破ると、地下水の激流が噴出した。その勢いたるや凄まじく、砂漠がほぼ完全に水没するほどの水量が一瞬間のうちに地上に流れ出る。激流葬じゃん!

ここまで最強無比だったすなおとこといえども、要はいわ・じめんタイプポケモンハイドロポンプ当たった感じで、全く手も足も出ず水流に呑まれ、体が崩壊して消滅する。この絵がかなりムゴい。メキシコに落ちた隕石で大半の恐竜が死滅したあのノリで、すなおとこズは殲滅される。死に際までtraumatizingで最悪なキャラだ。

自分を今まで無敵と勘違いしてきた自然系の寿命は短い ーーペコムズ(ワンピース)

仲間の助けで水を掘り当てたアンパンマンたちは、砂男をやっつけることに成功した。みんなの呪いも解けて、虹の星は元の美しい星に戻る。

(3回目)

 

 

本当に長かった。ここまでで大体第二回エッセイ+少しぐらいの分量書いている。

しかし・・・もう何回「しかし」と書いているかわからない。いや、数えたら2,3回しか使ってなかった。

これで万事めでたく終わるならば、わざわざこんな長ったらしく駄文を書き連ねてまでこの映画について述懐する価値はない。実はもう少し続く。

 

無能のみなさんも、晴れてもとの姿に戻る。その途端に、永遠のリベンジャー・ばいきんまんアンパンマンを襲撃する。彼には谷より深い恩義がありながら、なんという厚顔無恥!ましてや一連の事件の元凶の分際で・・・死して1恒河沙甲殻類に転生するがいい。案の定瞬殺される。問題はそこではない。

アメちゃんが、いないのである。みんな必死に捜す。大恩人だし

その末、今回けっこう仕事している名犬チーズが、件のブツを発見してしまう。

f:id:Betterthannot:20200429204157p:plain

えっ・・・?

それは、激流に揉まれて、痛ましく大破変形したモグリンである。むろん機内には、乗っていたはずのあまちゃんアメちゃんの姿が、ない。

とくに書かなかったので伝わってなかったと思うが、アメちゃんの祖父あめふり鬼は、墜落してこのかたずっと寝たきりだった。万事解決してからようやく病床から這い上がり、今更駆けつけてくる。

 

祖父「レインボー王子~~!!ご無事でしたか^^^(三下ヴォイス)」

(中略)

祖父「王子が無事でよかった~^^ところで、アメ介はどこですか^」

(一同哀愁の面持ち)

祖父「しょ~がねぇ~なぁ~~^^またアイツ迷惑でもかけたんじゃ・・・^」

王子「そんなことはありません!(イケボ)」

祖父「?!・・・阿ひゃひゃひゃひゃ!!(狂気)じゃあ、かくれんぼでもしてんのかな(超推理)」

(一同沈黙)

 

ジャム「いないんです・・・どこにも・・・」

アンパンマンによる経緯の説明)

 

祖父「     

   ぉいアメ介!なに隠れてやがんだい!はやく出てこねぇと承知しねぇぞ!

   ・・・おいアメ介!(モグリンの破片を漁る)

 

   おいアメ介!なにしてんだYO!(フリースタイルダンジョン

 

   下手な冗談なんかやめてはやく出てこいYO!

 

   はやくしねぇと・・・(涙) はやくしねぇと・・・

 

   晩飯・・・  晩飯・・・くわせねぇえぞ!・・・(号泣)

 

   アメ介・・・アメ介YOOOOOO・・・!(Forever)   」

 

 

えっ・・・?

 

 

 

実は、アメちゃんはこの後蘇生する。その驚きの方法とは?!続きはグノシーで!

いや全く、ここで蘇生さえしなければ、この映画は私にとってtotally sensationalであったのだが・・・。

愕然ではなかろうか。絶対市民守るマンのアンパンマンが、市民をあと少しのところで救えないところだったのだ。ジェットコースター乗車中に、隣の空席の安全バーがパカパカしてるのが目に入るぐらいヤバいことだと思う。アンパンマン一門天下無双論者的には、このアクシデントはブラック・スワンと言えるだろう。

 

ところで、実はこの時点でもう普段の倍ほど文を綴っている。疲れすぎてもう右手人差し指しか動かない。

今回はひたすら映画の場面を追うのに徹した。いろいろ余計なことを考えるのは次回にしたい。以上です。