日進ムーンウォーカー

Alien to people, Behind people, Closed to people, Distant from people, Eliminate me Fujita

APMキャラクターエッセイ⑩「モブ」

f:id:Betterthannot:20200520233528p:plain

モブ

モブ1「ほんとコロナでどこも行かれんな」

モブ2「それはそう」

モブ3「とりま飯いこまい」

モブ1「マックは?」

モブ3「お前ほんとマックか丸亀しか行かんじゃん」

モブ1「は?対案だせよ」

モブ2「すき屋は?」

モブ1「いや俺吉野屋派」
モブ2「吉野屋の牛丼臭くね?」

モブ3「いやー今牛丼の口と違うんよなー、今日はラーメンの日かな」

モブ1「学生隙あらばラーメン食いに塩釜行きよる」

モブ3「いや名城の学生じゃねえし」

モブ1「名城とは言ってねえよ」

モブ3「いや塩釜とも言ってねえよ」

モブ2「くだらんハリガネムシでもすすってろ」

モブ3「なにそれ?」

モブ2「寄生虫

モブ1「やっぱマックでしょ」

モブ3「しつこいなチャクラ宙返り野郎。いやラーメンは堅い」

モブ2「油そばじゃいかんのか?」

モブ3「ウッワ額ギトギトで草」

モブ2「油浮いたラーメンの液面みたいな顔面提げてなに言うてんねん」

モブ1「どんぶりの背比べで草」

モブ2「あんまりうまくない」

モブ1「スガキヤなら行くわ」

モブ3「いやスガキヤ行くならブタメン食うわ」

モブ2「ブタみたいなメンズ略してブタメンブタメン食ったらいよいよ終わりみたいなとこある」

モブ3「お前顔霜降ってるで?」

モブ2「スガキヤソフトクリームなら食いたい」

モブ1「あーわかる」

モブ3「それはワンチャンある」

モブ1「この辺スガキヤどこにある?」

モブ2「平針、八事」

モブ3「とりま動こ」

モブ1「おう八事?」

モブ2「そういえばAいたじゃん?サッカー部の」

モブ1「もしかしてタバコ?インスタの」

モブ2「そうヤバくね?」

モブ3「アイツこの前ホテル行ったとか自慢してきたで」

モブ2「キッッッツ」

モブ1「野球部のBも同じようなこと言ってたって聞いたわ」

モブ2「えっ何俺が間違ってんの?」

モブ3「お前もクスリやったら?」

モブ2「もって何やねん。いやいきなりキングは取れねぇだろうよい」

モブ3「マルコで草」

モブ1「いや段階踏んだらええんか」

モブ2「ほんと女子と縁ない」

モブ1「お前軽音部のCは?」

モブ2「やめろマジで」

モブ3「Cインスタ彼氏と写ってたで」

モブ1「草、乙ー」

モブ2「は?もう帰るわ」

モブ1「現実から逃げるな、お前の帰る場所なんかねえぞ」

モブ2「何急にシビアなこと言うじゃん自分」

モブ1「俺明日サークルでタコパするけどメンバーの女子の家ですんで」

モブ2「いや密です。お前、ガチ死ね」

モブ3「まあアイス奢ったれ」

モブ2「俺女子の家なんか上がったことないわ」

モブ3「でしょうね」

モブ2「えっなんか今の癪だった」

モブ1「八事イオン久々に来たなーあ待って?サイゼは?」

モブ3「ありよりのあり」

モブ2「右に同じ」

モブ1「よしほんじゃ入ろ」

モブ3「何にする?」

モブ1「何ってミラノ風ドリアだが?」

モブ3「なんでちょっと食い気味やねん草」

モブ2「アーリオオーリオにするわ」

モブ1「うわアーリオオーリオ野郎じゃん!」

モブ2「は?」

モブ3「ピザ食わん?」

モブ1「んーちょい重い」

モブ2「デブじゃん」

モブ3「お前ピザの一枚も食わんと彼女もできんのや」

モブ2「ピザ切るヤツでお前のこと切り刻みたい」

モブ3「じゃいいや、上級国民なんでステーキにしよ」

モブ1「サイゼ来て上級は苦しいで」

モブ3「マクド丸亀の賎民がなんか言ってんなあ」

モブ1「しばらくいる?」

モブ3「まあすることないし」

モブ1「ドリンクバーつけよっかなー」

モブ3「あ俺つけよ」

モブ1「全然出費惜しまんじゃん、ママ活でもしてんの?」

モブ2「そんなんあんの」

モブ3「いやいろいろ慎めよ」

モブ1「ママ活してサイゼで奮発は草」

モブ3「いや何草生やしてんねん」

モブ2「誰がこんなの需要すんねん」

モブ3「あ、でも実はですね」

モブ2「えっ、は?」

モブ3「いや実は、もう『旅立ちの日に』したんですよ」

モブ2「えっ、」

モブ1「さすがに盛ったでしょ」

モブ3「いやマジ」

モブ2「食欲失せた」

モブ1「それは奮発するわ」

モブ3「それは意味不」

モブ1「なんか奢るわ!なんか」

モブ3「いやいいよ、なんで」

モブ1「赤飯炊くか」

モブ2「いやもう俺ツラいわ」

モブ1「メンタルズタズタで草」

モブ3「いや別にそんなショックか?」

モブ2「いやもうなんというか」

モブ1「なんというか」

モブ2「いやなんか、近くない?人と人が。まずさまずさ、大学生めっちゃ恋愛するじゃん、自然に。そんな接近していいの?しかも、なんか、えっお前ら如きが?みたいに思わん?いや思わんですよね、でも思うんですわなんでそんな自分のこと頼まれるんかなって。いや、こんだけ人間いて、俺だけ俺が俺について思ってるようなクソザコモブってことはさすがに無いじゃん、多分。俺よりモブイッシュな輩だって、そんな形容詞ないけど、いるじゃんね普通にね。そいつらが平然と、恋愛するじゃん。し成立までするよ。何なん?正直、もう何も成せる気がせん。いやお前ら偉いよ。もうみんな何考えてるか、微塵も分からん。女子が何考えてるか、皆目分からん。五里霧中や。実はもう最近、なんか恋心的なものの萌芽さえない。だって遠いもん。女子が、物理的にも心理的にも。いやいやもっと言うと、お前らも遠い。正直怖いわ。いやー。異性に好意を伝えられるって、贅沢だな。誰彼のためって言える誰かがいるってありえんQOL爆上げ案件やで。俺はこんな俺のためだけに生きてるって事実だけで卒倒しそうだわ。恋愛の動機って、基本エゴイスティックじゃん。その時点で無理でしょ。行列でいう核みたいに、ゼロに潰れていきそう。恋愛のことについて考えてるとなんかムカムカしてくるわ。急に、あらゆるものが心理的に遠くなるし。今まで、実になんとなく、とくに真剣に考えないで彼女欲しいーとか言ってたけども。よく考えたら女子って怖いわ。裏で何言われてるか分からん的な怖さじゃなくて、シンプルにミュータントやもん。いやもう、棍棒でぶん殴りたいぐらい怖いわ。全力でぶん殴りたいぐらい怖い。聞いた?俺こんなこと言ってんで?どうしてそうなった?疑心暗鬼でしょ。俺だけ村人の人狼やってるみたいだわ。いやそれ負けてるから。確チャン負けだから。てか、えっ、なんで何も喋らんの?遠慮してんの?意味分からんし。殺すよ?おい。マジで何か言え。言えコラ!なんだよお前ら、お前ら虚構だろ!お前らなんか虚構だ!!失せろ!!お前らなんか存在しないんだろ!!馬鹿にしやがって・・・馬鹿にするな!!!畜生、死んでやる!!ピザ切るヤツで喉笛掻き切って死んでやる!!オラッこのクソ・・・切れねえ!!畜生痛ぇ!こんなピザ、こうだ!!オラッ!!おいドリア!!!なに自分は関係無いみたいな顔してんだコラ!!!!なにがミラノ風だ・・・!!アツアツで提供しやがって!!こんなの素手で食ってyアッッッッツ!!!!なんだこれアッツ!!!馬鹿にしてる!!!アオ!!!アア・・・アーリオオーリオォ・・・・・アーリオオーリオオーリォオ・・・・・アアアアオオリオア・・・アアアアア・・・・・アオオアオアアア・・・・オアアオオ・・・オアオアオララ・・・・アリアリオリオオオアリオ・・・・・・・・・・・・・・アアア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アアアアア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・