日進ムーンウォーカー

Alien to people, Behind people, Closed to people, Distant from people, Eliminate me Fujita

上飯田線に乗ってきた

 

Now there is no sound, for we all live underground.

             ——Jamiroquai 『Virtual Insanity』

 

f:id:Betterthannot:20220404220017j:plain

 

名古屋市営地下鉄アホ毛」こと、上飯田線を利用した。これによって、名古屋歴=年齢の私は悲願の名古屋市営地下鉄・全線利用を達成した。

思えば長かった。上飯田線が私にとってあまりにも利用価値がないために、実績解除まで21年もの時間を要してしまった。中学のときに一度友達と、金山から名城線の右回りの電車に乗りたいところを誤って左回りの電車に乗ってしまったことがたしかあったが、その際に平安通駅を通過したのが私がこれまで持っていた唯一の上飯田線との関わりであった。

これによって、名古屋の他の路線では、まだ利用したことがないのはゆとりーとラインを残すのみとなった。あまり関係ないが、大曽根に来ると、JR・名鉄ゆとりーとラインの線路が集中しているせいか道がグニャグニャ曲がっていて、必ず方向が分からなくなる。このコンクリートの樹海が広がる領域は、しばしば「O-ZONE(オー・ゾーン)」と呼ばれている(私によって)。

 

 

昼過ぎに自転車で今池まで来ていた私は、ただ上飯田線に乗るためだけにその足で平安通まで来た。平安通駅の出口の正面で、羅刹みたいなチンピラが3人歓談していて最悪だった。平安通なのに。

思い直す隙を作らないように、なるべく素早く改札を通過した。

f:id:Betterthannot:20220404233730j:plain

いざ来てみたら、めちゃめちゃワクワクしてきた。ああ春だじゃな!

色が完全に、普段よく会っているロアルドロス(東山線)の亜種なのでアツかった。

 

ホームに下りたところで、私はこの駅に妙な緊張感が漂っているのを察知した。しばらくして、その正体に気づく。「名古屋の限界」の緊張感である。

 

f:id:Betterthannot:20220404234651j:plain

駒込ピペット

ホームの電光掲示板では、「小牧」だの「犬山」だのといった地名が光っている。そう、この脇差しのような路線図を見れば分かるとおり、うかうかしていると小牧やら犬山やらまで連れ去られてしまうのである。二駅進めば刃である。神も仏も、河村たかし名古屋おもてなし武将隊もいない地である。ホームに進入してきた車両に名鉄のマークが見えたとき、私は失神しそうになった。

ホームは、一見したところただの名古屋市営地下鉄の駅のそれであるが、目を凝らしてみると微妙に名鉄テイストが隠されている。次第に薄気味が悪い。不気味の谷ライクな現象が起こっているのだ。

そして、私はこの感じを知っている。私が卒業した高校の最寄り駅である、鶴舞線の東端・赤池駅のそれである。こちらは、うかうかしていると豊田まで連行される。伏見で飲みまくったせいで車中で寝てしまい、結果豊田まで飛ばされた顔も知らないウェイたちを思うと、泣けてくる。

 

乗車した感想はと言うと、感想を思いつく前に上飯田駅に着いた。

地上までの階段がやけに長く、庄内緑地公園駅を彷彿とさせた。中学のとき陸上部に所属していたが、毎年駅伝の地区大会が庄内緑地で開催されるので、夏も終わりに近づくと土曜日の練習で時々この駅まで来ていた。プレッシャーに上方から押されながら上るあの階段と、目の前の階段が重なった。

平安通駅赤池駅の、上飯田駅庄内緑地公園駅の疑似体験をしたので、実質的に数分で鶴舞線を体験したも同然だった(同然ではない)。

地上へ出るとビルだったので見上げてみると、「 名 鉄 上 飯 田 ビ ル 」の文字が目に飛び込んできて失明した。これで地上は永久に地下となった。

 

自転車の置いてある平安通まで歩いて戻ったら、すぐに着いた。平安通駅で電車を待っていた時間の方が長かったのではないかと思われる。地下道は近道にならなかった。

 

余談ながら(全部余談みたいなところはあるが)、名城線には”限界”がない。一方で上飯田線には”限界”しかない。上飯田線開業の翌年に名城線が環状化したのであるが、これは名古屋市交通局内で、名城線が”限界”を失って”無限”となる前に、上飯田線という”限界”の象徴を生みだして均衡をとろうとしてのことに違いない。上飯田線は、名古屋市営地下鉄の要石的存在なのである。あるいは、エントロピーを呼び込んで”完成”を阻止する意味では逆・要石的とも言えるかもしれない。

いずれにせよ、上飯田線名古屋市営地下鉄(と尾張の人たち)にとって不可欠なものであることが今回分かった。冒頭で「アホ毛」と書いたが、寧ろ『サザエさん』の磯野波平の頭頂部の毛髪のような存在であるかもしれない。それが失われたら、波平が波平でなくなるような気がする、そんなそれである...。

 

 

上飯田線について書くにしては書きすぎた。全部適当である。この路線について「短い」以上の感想は無い。